おおくぼぼ動物病院

当院では専門的な診療として、腎臓・泌尿器科、軟部外科に力を入れております。

腎臓・泌尿器科

血液検査・レントゲン検査・造影検査・超音波検査・尿検査などを用いて病気の診断や病態の把握を行います。 診断結果をもとに内科治療および外科手術(SUBシステム設置・尿管ステント設置・尿路変更術など)をご提供いたします。 尿管結石などによる急性腎障害時の緊急外科処置から、治療のための手術まで迅速な対応を行っていますので、お困りの方はお気軽にお電話ください。

  • 繰り返し起こる
    膀胱炎、血尿
  • 膀胱結石、腎結石
    尿管結石
  • 尿もれ
    排尿困難
  • 急性・慢性腎不全
    腎炎
  • 膀胱・前立腺・
    尿道の腫瘍

上記のような症状・病気を随時受け付けています。

犬・猫の慢性腎臓病(CKD)/慢性腎不全、治療について

猫が高齢になると、かなり高い確率で慢性腎不全を発症します。もちろん、猫ほどではないですが犬にも発症します。
現在はこのような病気を総称して慢性腎臓病(CKD)と言います。残念ながら一度悪くなってしまった腎臓はもとには戻りません。

一般的な症状としては、食欲不振・元気消失・お水をたくさん飲む・おしっこをたくさんする、などが見られます。 腎臓の異常の多くは血液検査によって発見することができます。
測定項目のBUN・クレアチニン・リンなどの値に異常が見られるのですが、異常値になった段階では約75%の腎機能が失われていると言われています。
腎不全がさらに悪化してしまうと、貧血・腎性高血圧(それにともなう網膜剥離)・タンパク尿などと言った病気が併発します。末期の状態では、老廃物が排泄できないことにより「尿毒症」という状態に陥ってしまい、強い嘔吐や下血といった消化器症状が現れます。このような状態は、猫自身は当然ですが見ている飼い主さんも相当つらい思いをしなくてはいけません。

このような慢性腎不全、お分かりのように付き合っていかなくてはいけない病気であり、治療の目標としては「いかに尿毒症のつらい症状を出さずに、寿命をまっとうしてもらうか」といったことになります。
腎不全の把握のためには、血液検査とあわせて尿検査・レントゲン検査・エコー検査などを実施します。
そのうえで、病態にあわせた細かな治療が必要となってきます。

腎臓用のご飯
定期的な皮下点滴(脱水状態の改善)
リンの吸着剤(高リン血症の改善)
タンパク尿や高血圧抑制のための薬
貧血の改善薬
腎不全の進行を抑制するお薬

実際の治療は、上記のような方法を組み合わせて行うことになります。
積極的な治療を行うことで、多くの症例で良好な経過を得られています。

腎不全の原因は、老齢性の変化ばかりではありません。
先天的な異常、遺伝的な問題、腎臓の腫瘍、尿路結石、腎炎、感染症…などといった病気によって発症している場合もあります。
思い当たる症状があれば、早期の検査をおすすめします。

犬・猫の尿管結石(尿管閉塞)、尿管ステント、SUBシステム

左右腎臓で作られた尿は、左右それぞれの尿管を経由して膀胱へ貯められます。
腎臓内に結石ができた場合、小さなものは尿の流れによって尿管へ運ばれ膀胱内にたどり着くのですが、尿管炎などの併発で尿管閉塞(尿管内へ詰まる)を起こす場合があります。 尿管閉塞を起こすと尿の流れは悪くなり、水腎症・水尿管症(腎臓・尿管内に尿が貯留)といった状態になり急性腎障害に陥ってしまいます。

  • 尿管結石_1腎臓の後方に小さな結石が1個存在しています。
  • 尿管結石_2複数の尿管結石・膀胱結石(矢頭)にくわえて腎臓内にも結石(石灰化)がみられます。

このような尿管閉塞をおこす結石は食事でのコントロールが難しいカルシウム結石が多く、近年犬・猫においてみられるようになってきました。また、結石とは別に炎症や膀胱腫瘍などで尿管閉塞を起こす例もあります。

検査法
血液検査により腎臓障害の程度や全身状態の把握を行います。
レントゲン検査にて結石や閉塞を起こす原因を診断、静脈性尿路造影により水腎症・水尿管症の程度および腎臓の排泄機能を確認します。
エコー検査にて水腎症・水尿管症を観察、尿検査用の採尿もあわせて行います。
尿管閉塞の治療法
結石などにより尿管が閉塞してしまった場合、腎臓の残存機能や閉塞の程度にもよりますが急性腎障害をおこす場合があります。血液検査等にて腎臓障害が切迫していない場合には、内服により結石を流す治療を試すこともありますが、危機的な状況においては外科手術により結石を摘出または状態改善を目的とした一時的な尿流の確保(腎瘻チューブ設置)を行うこととなります。
尿管切開術
尿管を切開し閉塞している結石を摘出します。摘出後は、膀胱側・腎臓側それぞれの尿管の疎通を確認し、問題がなければ切開部を縫合し終了します。
腎瘻チューブ設置
水腎症を起こしている腎臓に直接チューブを挿入し、緊急的な尿排泄ルートの確保を行います。
尿管転植術
尿管の疎通が不十分な場合には、尿管を途中で切断し新たに膀胱へつなぎ直すことを行います。
尿管ステント設置術
尿管切開術等を行い現在閉塞している結石を摘出しても、腎臓内に明らかな結石が存在している場合(多くはカルシウム結石)には再度閉塞してしまうリスクが高くなります。そのような場合には、尿管ステントというチューブを腎臓〜尿管〜膀胱へ挿入し設置します。
人工物を使用すること、ほぼ永久的に設置すること、ステント自体の閉塞や破損などデメリットもありますが、再発(再閉塞)に対する予防的な処置としては有用とされています。
  • 尿管ステント設置術_1
  • 尿管ステント設置術_2ステント設置後のレントゲン写真です。
SUBシステム設置術
尿管が閉塞し水腎症を起こしている腎臓から直接膀胱へチューブでつなぎ、尿流を確保する方法です。近年、尿管ステントでの術後成績も思わしくないことから、猫の尿管閉塞に対してのデバイスとして第一選択となっています。
尿管ステントと同じで人工物を使用すること、システム自体が大きいこと、術後の有害事象などデメリットもありますが、チューブ内の再閉塞にも配慮した構造となっており尿管ステントよりも優れています。現在、尿管閉塞症例の全ての症例に優先的に使用するといった風潮がありますが、当院では使用しないで済むのであれば極力使用せずにそのほかの手術方法で解決することを心がけています。
  • SUBシステム設置術SUBシステム設置後のレントゲン写真です。
  • SUBシステム設置術_2

当院では、動物用に開発された尿管ステント・SUBシステムを使用しています。
メリット・デメリットをご説明し十分にご理解いただいてから行う手術となっています、すべての尿管閉塞の症例に行うわけではありません。 このような病気でお困りでしたら一度ご相談ください。

犬・猫の膀胱結石、治療 会陰尿道瘻造瘻術

膀胱内にマグネシウムやカルシウムを主成分とする結石ができることがあります。
結石の形状は大きな塊から砂粒状まで様々ですが、結石ができてしまうと膀胱粘膜を傷つけ血尿や頻尿といった膀胱炎の症状を訴えます。

  • 膀胱結石_1膀胱内に複数の大きな結石が存在します。この結石は二重構造ですが、マグネシウム結石は比較的平滑な形状をしています。
  • 膀胱結石_2カルシウムの結石は金平糖様の形状です。
  • 膀胱結石_3▲の部位に細かな結石がみられます。
治療
マグネシウムが主成分である砂粒状の結石の場合は食事療法などで溶解できる可能性もありますが、結石が大きい場合や食事療法での溶解が期待できないカルシウムが主成分の結石は外科的な治療をお勧めします。(膀胱切開術による結石の摘出)
メスは尿道が太く短いため小さな結石であれば排尿とともに流れ、尿道内に閉塞(詰まる)することはまれです。
しかし、オス犬やオス猫の場合は尿道が出口に近づくにつれ細くなっており結石が尿道内に閉塞してしまう危険性が高くなるため、小さな結石であっても積極的な外科療法(手術)をお勧めします。
  • 膀胱結石_4尿道内▲の部位に結石の閉塞による造影剤の欠損像がみられます。(逆行性尿道造影)
会陰尿道瘻造瘻術
オス犬・オス猫において会陰部(肛門の下)に新たな尿道の開口部を作る手術です。この手術を行うことで太く短い尿道が確保され再発(再閉塞)の危険性が低くなります。
症例:
http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865558
http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865514
http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865571

結石が尿道内に閉塞してしまうと排尿困難(おしっこが出づらいまたは出ない)となってしまい、時には命に関わる重篤な状態に陥ります。よって閉塞を解除するための緊急的な処置が必要となります。
閉塞してしまった結石を膀胱内に戻すことができない場合や再発の危険性が高い場合は、膀胱切開術による結石の摘出とは別に、尿路変更術(会陰部尿道瘻造瘻術など)が必要となります。

お心当たりの症状や再発する結石などでお困りであれば一度ご相談ください。

軟部外科

会陰ヘルニア(えいんヘルニア)

おもに去勢していないオス犬に見られます。肛門の周囲(会陰)の筋肉が薄く弱くなることで直腸は蛇行し、お尻は腫れ、排便困難を起こしてしまう病気です。より進行した症例では、膀胱も反転し突出してしまうため排尿困難もみられ、命にかかわる緊急の症状となることもあります。この病気は、早い時期の去勢手術により防ぐことができます。
便を軟らかくするなど内科的な治療もありますが、一般的に外科手術が適応となります。当院では、再発率の低い医療用ヘルニアメッシュを使用した外科手術法を採用しています。また、症例のグレードに合わせ結腸固定術・前立腺固定術を実施しています。

そのほか、肝・胆嚢疾患、胃・小腸・大腸疾患、肺葉切除(開胸手術)、耳道疾患などの病気を随時受け付けています。あらゆる外科手術法の中から、飼い主様とご相談のもと最良の方法をご提供いたします。

犬の会陰ヘルニア・手術

おもに中年以降の去勢していないオス犬に見られ、なかでもW.コーギーやM.ダックスといった犬種が好発とされています。
肛門の周囲の筋肉が薄く弱くなってしまうことで直腸が蛇行し、排便困難を起こしてしまう病気です。より進行した症例では、膀胱も反転し突出してしまうため排尿困難もみられ、命にかかわる緊急の症状となることもあります。
多くの症例では排便困難により宿便が貯まってしまい、それが肛門周囲の腫れとして観察されます。排便困難が続くことにより食欲の低下などもみられることがあります。

  • 会陰ヘルニア_1会陰ヘルニアのお尻の写真です。直腸の蛇行があるため、矢頭▲で囲った部分に便が貯まってしまいます。(肛門に指を挿入して確かめています。)ほとんどの症例で、程度の差はあるものの左右両側にヘルニアが観察されます。この症例は3〜10時の範囲でスペースが広がっていました。
  • 会陰ヘルニア_2毛刈りをした状態で肛門付近を観察すると、便が貯まって大きく腫れているのが良く分かります。この症例の場合は、肛門左側に便が貯まってしまいますが右側にも軽度のヘルニアが観察されました。
  • 会陰ヘルニア_3会陰ヘルニア_4
  • 膀胱は造影剤の注入により白く描出されています。通常は骨盤よりも前方にあるはずの膀胱が反転して肛門付近に突出していたため排尿障害がみられました。この症例はメス犬です。

オス犬の場合はホルモン分泌が原因とされており、早い時期の去勢手術により予防することができます。まれですが、メス犬・猫においても起ることがあります。 排便困難の程度は症例により様々です。最初は「少し出づらいかな」という状態でも年月を重ねていくうちに悪化し、最終的には「気張っても少ししか排泄されない」ということになってしまいます。軽度であっても症状を訴えているのであれば、重症にならないうちに外科的な治療をお勧めします。便を柔らかくするような内科療法もありますが、根本的な解決にはなりません。
当院では、医療用ヘルニアメッシュを使用し左右同時にヘルニア孔を修復する手術方法をお勧めしています。人工物を使用するデメリットはありますが重度の生体反応は極めてまれであり、ほかの手術方法と比べて再発率が低いことが特徴です。

当院ブログ
http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865515
http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865534
http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865539
http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865559

お心当たりの症状があれば、一度ご相談ください。

犬の胆嚢粘液嚢腫、猫の胆管閉塞、手術

肝臓に隣接している胆嚢(たんのう)という臓器があります。胆嚢の中には胆汁(たんじゅう)が貯留しており、脂肪の代謝に一役かっています。
胆嚢内の胆汁は、胆嚢‐胆嚢管(たんのうかん)−胆管(たんかん)‐総胆管(そうたんかん)というルートを通って、十二指腸に排泄されています。
胆管閉塞は、胆管もしくは総胆管において胆汁の流れがストップしてしまう病気です。
閉塞してしまう原因はさまざま、犬も猫も起こります。

  • 結石(胆石)による閉塞。
  • 胆嚢内で胆汁が固まってしまい流れない(犬の胆嚢粘液嚢腫)
  • 胆嚢炎や胆管炎による閉塞
  • 膵炎による二次的な閉塞。(猫)
犬の胆嚢粘液嚢腫
犬特有の胆嚢の病気で、胆嚢内に貯留している胆汁がコーヒーゼリーのようにドロドロに固まってしまい流動性を失ってしまう病気です。 (それ以前の病気として「胆泥症」がありますが、こちらは流動性があります)
胆汁が固まってしまうと・・・肝臓や肝内胆管にも炎症が広がります。くわえて細菌感染も起りやすくなり進行によっては胆嚢破裂、胆管閉塞(黄疸)を招きます。
診断
血液検査と超音波検査での診断が主となります。明らかに流動性を失っている状態は分かりやすいのですが、超音波像は主観的な要素が多いため流動性が完全になくなっているか、そうではないかといった部分での診断精度は低くなってしまうのが現状です。
手術_1
胆嚢粘液嚢腫の超音波像です。この症例では、明らかな流動性の喪失および肝臓や胆管への炎症の波及が激しく起っていました。
治療
最初は内科治療を試します。胆汁を薄めるお薬や胆嚢を動かすお薬などを使用して血液検査数値や超音波像の改善状況を観察します。内科療法で効果がみられない場合や明らかな胆汁の流動性の喪失と肝臓、胆管への炎症がある場合には外科的な治療を考えます。
胆嚢切除術
悪くなってしまった胆嚢を切除する手術です。胆嚢破裂や重度の胆管閉塞(黄疸)がある症例では救命率が圧倒的に低下してしまいます。胆嚢摘出は術前の状態にもよりますが手術侵襲が高く術後の徹底した管理が必要となります。また、流動性を保っている胆嚢を切除した場合、胆汁を貯蔵しておく場所がなくなってしまうため術後黄疸になる可能性もあり、手術適応の見極めは慎重に行わなくてはなりません。 術前に黄疸を呈している症例では、総胆管の疎通も確保しないといけません。洗浄はもちろんのこと総胆管へ一時的にチューブを挿入することも行います。
  • 猫の胆管閉塞
    猫における胆管閉塞の原因として挙げられるのが、三臓器炎(胆管肝炎・膵炎・腸炎)に伴う総胆管の閉塞です。老齢の猫ではこのような炎症疾患が単発もしくは併発して起ることが良くあります。
    診断
    血液検査・レントゲン検査・超音波検査を用い総合的な評価を行います。
    治療
    それぞれ閉塞している原因に対し内科療法を行います。内科療法で治療効果が得られない場合は外科的な治療を行います。
    胆嚢十二指腸(小腸)吻合術
    胆嚢自体に問題がなく閉塞を起こしている場合に適応となります。総胆管からの胆汁排泄が困難な場合、胆嚢を十二指腸もしくは小腸に直接吻合(つなぐ)することで胆汁の流れるルートを確保する方法です。
  • 手術_2実際に吻合を行っている手術写真です。

胆嚢疾患は内科療法が中心となることが多いと考えますが、内科療法に反応が悪い症例においては、積極的な外科手術により治療が可能な場合があります。

整形外科

各種骨折の整復、前十字靭帯断裂・膝蓋骨脱臼に代表される痛みを伴う関節疾患に対する外科手術および内科治療を行います。特殊な手術が必要な場合は、当院での専門医による執刀依頼または高度医療施設へのご紹介をさせて頂きます。

脳神経科

椎間板ヘルニアに対する手術は当院で行うことが可能です。
そのほか麻痺やけいれん発作を起こすような、脳神経疾患の診断、治療を行います。CT・MIR等の検査が必要な場合は、大学病院や特殊施設へご紹介させて頂きます。

皮膚科

アトピー性皮膚炎・食物アレルギー性皮膚炎の診断・脂漏性皮膚炎・感染性皮膚炎など、痒みに対する治療・スキンケアを中心に行っています。
特に重症の症例には、マイクロバブルを併用したスキンケアシャンプーを行っています。

その他の科目について

診療は上記の科目に限った事ではありません。ワクチン接種などの予防はもちろん、幅広く受け入れております。診察内容や検査・治療についての疑問やご相談などお気軽にお聞きください。

実際の症例は、当院ブログにて随時ご紹介しています。お時間のあるときにご覧ください。