犬の胆嚢粘液嚢腫、猫の胆管閉塞、手術

Home 犬の胆嚢粘液嚢腫、猫の胆管閉塞、手術

肝臓に隣接している胆嚢(たんのう)という臓器があります。

胆嚢の中には胆汁(たんじゅう)が貯留しており、脂肪の代謝に一役かっています。

 

胆嚢内の胆汁は、胆嚢‐胆嚢管(たんのうかん)−胆管(たんかん)‐総胆管(そうたんかん)というルートを通って、十二指腸に排泄されています。

胆管閉塞は、胆管もしくは総胆管において胆汁の流れがストップしてしまう病気です。

 

閉塞してしまう原因はさまざま、犬も猫も起こります。

  • 結石(胆石)による閉塞。
  • 胆嚢内で胆汁が固まってしまい流れない(犬の胆嚢粘液嚢腫)
  • 胆嚢炎や胆管炎による閉塞
  • 膵炎による二次的な閉塞。(猫)

 


 

犬の胆嚢粘液嚢腫

犬特有の胆嚢の病気で、胆嚢内に貯留している胆汁がコーヒーゼリーのようにドロドロに固まってしまい流動性を失ってしまう病気です。

(それ以前の病気として「胆泥症」がありますが、こちらは流動性があります)

胆汁が固まってしまうと・・・

肝臓や肝内胆管にも炎症が広がります。

くわえて細菌感染も起りやすくなり進行によっては胆嚢破裂、胆管閉塞(黄疸)を招きます。

 

診断

血液検査と超音波検査での診断が主となります。明らかに流動性を失っている状態は分かりやすいのですが、超音波像は主観的な要素が多いため流動性が完全になくなっているか、そうではないかといった部分での診断精度は低くなってしまうのが現状です。

01151020141027

写真:胆嚢粘液嚢腫の超音波像です。この症例では、明らかな流動性の喪失および肝臓や胆管への炎症の波及が激しく起っていました。

 

治療

最初は内科治療を試します。胆汁を薄めるお薬や胆嚢を動かすお薬などを使用して血液検査数値や超音波像の改善状況を観察します。内科療法で効果がみられない場合や明らかな胆汁の流動性の喪失と肝臓、胆管への炎症がある場合には外科的な治療を考えます。

 

—胆嚢切除術ー

悪くなってしまった胆嚢を切除する手術です。胆嚢破裂や重度の胆管閉塞(黄疸)がある症例では救命率が圧倒的に低下してしまいます。胆嚢摘出は術前の状態にもよりますが手術侵襲が高く術後の徹底した管理が必要となります。また、流動性を保っている胆嚢を切除した場合、胆汁を貯蔵しておく場所がなくなってしまうため術後黄疸になる可能性もあり、手術適応の見極めは慎重に行わなくてはなりません。

 

術前に黄疸を呈している症例では、総胆管の疎通も確保しないといけません。洗浄はもちろんのこと総胆管へ一時的にチューブを挿入することも行います。


 

猫の胆管閉塞

猫における胆管閉塞の原因として挙げられるのが、三臓器炎(胆管肝炎・膵炎・腸炎)に伴う総胆管の閉塞です。老齢の猫ではこのような炎症疾患が単発もしくは併発して起ることが良くあります。

 

診断

血液検査・レントゲン検査・超音波検査を用い総合的な評価を行います。

治療

それぞれ閉塞している原因に対し内科療法を行います。内科療法で治療効果が得られない場合は外科的な治療を行います。

 

—胆嚢十二指腸(小腸)吻合術ー

胆嚢自体に問題がなく閉塞を起こしている場合に適応となります。総胆管からの胆汁排泄が困難な場合、胆嚢を十二指腸もしくは小腸に直接吻合(つなぐ)することで胆汁の流れるルートを確保する方法です。

20140402_753941

写真:実際に吻合を行っている手術写真です。

 

胆嚢疾患は内科療法が中心となることが多いと考えますが、内科療法に反応が悪い症例においては、積極的な外科手術により治療が可能な場合があります。