犬・猫の尿管結石(尿管閉塞)、尿管ステント、SUBシステム

Home 犬・猫の尿管結石(尿管閉塞)、尿管ステント、SUBシステム

左右腎臓で作られた尿は、左右それぞれの尿管を経由して膀胱へ貯められます。

腎臓内に結石ができた場合、小さなものは尿の流れによって尿管へ運ばれ膀胱内にたどり着くのですが、尿管炎などの併発で尿管閉塞(尿管内へ詰まる)を起こす場合があります。

尿管閉塞を起こすと尿の流れは悪くなり、水腎症・水尿管症(腎臓・尿管内に尿が貯留)といった状態になり急性腎障害に陥ってしまいます。

犬・猫の尿管結石・腎結石、尿管閉塞について

写真:腎臓の後方に小さな結石が1個存在しています。

犬・猫の尿管結石・腎結石、尿管閉塞について

写真:複数の尿管結石・膀胱結石(矢頭)にくわえて腎臓内にも結石(石灰化)がみられます。

このような尿管閉塞をおこす結石は食事でのコントロールが難しいカルシウム結石が多く、近年犬・猫においてみられるようになってきました。また、結石とは別に炎症や膀胱腫瘍などで尿管閉塞を起こす例もあります。

検査法

血液検査により腎臓障害の程度や全身状態の把握を行います。

レントゲン検査にて結石や閉塞を起こす原因を診断、静脈性尿路造影により水腎症・水尿管症の程度および腎臓の排泄機能を確認します。

エコー検査にて水腎症・水尿管症を観察、尿検査用の採尿もあわせて行います。

尿管閉塞の治療法

結石などにより尿管が閉塞してしまった場合、腎臓の残存機能や閉塞の程度にもよりますが急性腎障害をおこす場合があります。血液検査等にて腎臓障害が切迫していない場合には、内服により結石を流す治療を試すこともありますが、危機的な状況においては外科手術により結石を摘出または状態改善を目的とした一時的な尿流の確保(腎瘻チューブ設置)を行うこととなります。

−尿管切開術−

尿管を切開し閉塞している結石を摘出します。摘出後は、膀胱側・腎臓側それぞれの尿管の疎通を確認し、問題がなければ切開部を縫合し終了します。

−腎瘻チューブ設置−

水腎症を起こしている腎臓に直接チューブを挿入し、緊急的な尿排泄ルートの確保を行います。

当院ブログ:http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865546

−尿管転植術−

尿管の疎通が不十分な場合には、尿管を途中で切断し新たに膀胱へつなぎ直すことを行います。

−尿管ステント設置術−

尿管切開術等を行い現在閉塞している結石を摘出しても、腎臓内に明らかな結石が存在している場合(多くはカルシウム結石)には再度閉塞してしまうリスクが高くなります。そのような場合には、尿管ステントというチューブを腎臓〜尿管〜膀胱へ挿入し設置します。

人工物を使用すること、ほぼ永久的に設置すること、ステント自体の閉塞や破損などデメリットもありますが、再発(再閉塞)に対する予防的な処置としては有用とされています。

当院ブログ

http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865532http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865547

 

okubo04

okubo05
写真:ステント設置後のレントゲン写真です。

−SUBシステム設置術−

尿管が閉塞し水腎症を起こしている腎臓から直接膀胱へチューブでつなぎ、尿流を確保する方法です。尿管ステントが挿入困難な場合などには有用な処置となります。

尿管ステントと同じで人工物を使用すること、システム自体が大きいことなどデメリットもありますが、チューブ内の再閉塞にも配慮した構造となっており、今後適応症例が増えるかもしれません。

当院ブログ:http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865564

IMG_2212
写真:SUBシステム設置後のレントゲン写真です。

当院では、動物用に開発された尿管ステント・SUBシステムを使用しています。

メリット・デメリットをご説明し十分にご理解いただいてから行う手術となっています、すべての尿管閉塞の症例に行うわけではありません。

このような病気でお困りでしたら一度ご相談ください。