犬の会陰ヘルニア・手術

Home 犬の会陰ヘルニア・手術

おもに中年以降の去勢していないオス犬に見られ、なかでもW.コーギーやM.ダックスといった犬種が好発とされています。

肛門の周囲の筋肉が薄く弱くなってしまうことで直腸が蛇行し、排便困難を起こしてしまう病気です。より進行した症例では、膀胱も反転し突出してしまうため排尿困難もみられ、命にかかわる緊急の症状となることもあります。

多くの症例では排便困難により宿便が貯まってしまい、それが肛門周囲の腫れとして観察されます。排便困難が続くことにより食欲の低下などもみられることがあります。

he01
写真:会陰ヘルニアのお尻の写真です。直腸の蛇行があるため、矢頭▲で囲った部分に便が貯まってしまいます。(肛門に指を挿入して確かめています。)ほとんどの症例で、程度の差はあるものの左右両側にヘルニアが観察されます。この症例は3〜10時の範囲でスペースが広がっていました。

he02
写真:毛刈りをした状態で肛門付近を観察すると、便が貯まって大きく腫れているのが良く分かります。この症例の場合は、肛門左側に便が貯まってしまいますが右側にも軽度のヘルニアが観察されました。

he04
he03
レントゲン写真:膀胱は造影剤の注入により白く描出されています。通常は骨盤よりも前方にあるはずの膀胱が反転して肛門付近に突出していたため排尿障害がみられました。この症例はメス犬です。

オス犬の場合はホルモン分泌が原因とされており、早い時期の去勢手術により予防することができます。まれですが、メス犬・猫においても起ることがあります。

排便困難の程度は症例により様々です。最初は「少し出づらいかな」という状態でも年月を重ねていくうちに悪化し、最終的には「気張っても少ししか排泄されない」ということになってしまいます。軽度であっても症状を訴えているのであれば、重症にならないうちに外科的な治療をお勧めします。便を柔らかくするような内科療法もありますが、根本的な解決にはなりません。

当院では、医療用ヘルニアメッシュを使用し左右同時にヘルニア孔を修復する手術方法をお勧めしています。人工物を使用するデメリットはありますが重度の生体反応は極めてまれであり、ほかの手術方法と比べて再発率が低いことが特徴です。

再発の予防として去勢手術の実施は必須となります。また、術前の検査にて膀胱・前立腺、結腸の変位が確認された症例には、前立腺固定術・結腸固定術もあわせて行います。

お心当たりの症状があれば、一度ご相談ください。